Jリーグ、海外サッカーはもちろん、あらゆるスポーツが見放題のDAZN。

凄く便利な動画視聴サービスですけど、できることならちょっとでも安く見たいですよね。

実はDAZNって安く見る方法があるんですよ。

しかも、いくつか安く見ることができる方法があるんです。

この記事ではその安く見る方法を全て解説すると共に、どれが一番安く見られるのかについて解説します。

先に公式サイトを確認したいという方は下記のリンクからアクセスしてください。

⇒DAZN公式サイトはこちら

daznを安く見る方法の中で最もお得なのはどれ?

結論から言いますとプリペイドカードの12ヶ月分を利用するのが一番お得です。

理由はシンプルで以下の通り。

  • 2ヶ月分無料で使える
  • 一時利用停止ができる
  • 余計な制限(○○に加入しなければならない等)がない

あらかじめプリペイドカードを買ってからDAZNに登録するのがベストです。

⇒Amazonでプリペイドカードを見る

プリペイドカードを購入したら下記の公式サイトにアクセスしてDAZNに登録しましょう。

⇒DAZN公式サイトはこちら

DAZNプリペイドカード(12ヶ月)を利用する

DAZNプリペイドカード

ヨドバシカメラやコンビニで売っているDAZNプリペイドカード。

このプリペイドカードの12ヶ月分の価格は19,250円です。

1ヶ月の価格が1,925円なので、本来の年間の金額は1925×12=23,100円です。

差額は23100-19250=3,850円でこれは2ヶ月分を無料で利用できることになるので、実質2ヶ月無料期間が延びるのと同じ事になります。

メリット

DAZNのプリペイドカードを利用した場合のメリットは以下の通りです。

  • 2ヶ月分が無料になる
  • 途中で停止する事ができる
  • クレジットカードが必要ない

2ヶ月分が無料になることは上の方でお伝えしましたが、地味に便利なのが途中で停止することができることです。

例えばチャンピオンズリーグの時に契約をしていたけど、その後の7月、8月のシーズンオフの期間を停止したいという時にできるのがプリペイドカードです。

12ヶ月分の利用を自分のタイミングで使えるのがプリペイドカードのメリットです。

また、クレジットカードが無くてもコンビニに行けばカードを買えるので、クレジットカードを作れない学生の方が利用できる唯一の方法でもあります。

年間視聴パス


引用:https://e-shop.urawa-reds.co.jp/special/2020reds_dazn

これはJリーグの各チームが発行しているいわゆる年間パスポートです。

こちらもプリペイドカードと同様に利用料金は12ヶ月で19,250円となり、2ヶ月分が無料です。

もちろん、通常のDAZNと同じようにラ・リーガやブンデスリーガ、プレミアリーグといったJリーグ以外も見られますし、野球やバスケ、F1といった他のスポーツを見ることもできるので、安心してください。

年間視聴パスを見るメリット

年間視聴パスで契約した場合のメリットは以下の通りです。

  • 契約したチームの運営費に代金が当てられる
  • 契約したチーム独自のキャンペーンがある

チームを通してDAZNを契約した場合、代金の一部はチームの運営費に充てられます。

つまり、チーム支援の一端を担えるということです。

スタジアムやテレビの前で応援するのも良いですが、こうやって直接的にチームを支える一部になれるので、より深く応援したい方におすすめです。

また、契約したチーム独自のキャンペーンが行われている事があります。

例えば浦和レッズは過去に下記のようなキャンペーンをしていました。


引用:https://e-shop.urawa-reds.co.jp/special/2020reds_dazn

DAZN利用料+αのお得ポイントが付いていることがあります。

キャンペーンはチームによってやっている所とやっていない所があるので、「チーム名 DAZN」でググって公式サイトを確認してみて下さい。

年間視聴パスを見るデメリット

途中で一時停止ができないということです。

Jリーグの場合、1月、2月がシーズンオフの期間になる訳ですが、その間だけDAZNの期間を止めておくということができません。

海外のサッカーや他のスポーツに興味がある人なら問題ないでしょうが、応援しているJリーグのチームしかサッカー見ないよという方にとってはデメリットになると思います。

ポイントサイトを利用する

ハピタスというポイントサイトを利用することでポイント還元を得ることができます。

⇒ハピタスの無料登録はこちら


引用:https://hapitas.jp/item/detail/itemid/72441/

ハピタス経由で契約することで基本、1300円分のポイント還元があるので、実質1300円返ってくるのと同じことです。

しかも、期間限定で2800ポイントに上がっているので、下記のURLから登録してみて、ポイントを確認してみて下さい。

⇒ハピタスの無料登録はこちら

メリット

12ヶ月プリペイドカードや年間視聴パスと比べると短い期間でOKだということです。

12ヶ月プリペイドカードや年間視聴パスは12ヶ月を前提として安くなっていますが、ハピタスの方はポイント付与の判定までの期間が3ヶ月となっています。

つまり、3ヶ月だけ使うという方にとってはコスパが良いんです。

DAZNをそれ程長く使うつもりはないよという方にとっては凄く使いやすいでしょう。

無料期間の延長キャンペーン

DAZNでは定期的に無料期間の延長キャンペーンを行うことがあります。

通常は1ヶ月無料だけなのですが、サッカーや野球のシーズンインになるタイミングや大きめの大会がある時に応じて2ヶ月に無料キャンペーンが延びることがあるんです。

例えば2021年の3月には下記のようなキャンペーンがありました。


引用:DAZN

純粋に無料期間が長くなるので、その分お得にDAZNを利用することができます。

メリット

単純に2ヶ月無料キャンペーンがだけなので、他のキャンペーンと併用ができることがメリットです。

例えば12ヶ月のプリペイドカードを買って利用すれば10ヶ月分の価格で14ヶ月利用できるということです。

デメリットはいつキャンペーンが行われるか分からないということですね。

いつ行われるか分からないから見つけたらラッキーくらいに思っておいた方がいいですね。

ソフトバンクのエンタメ特典で10%還元

ソフトバンクユーザーの方で特定条件を満たしている方はDAZNを10%安く利用できます。

条件に付いてはソフトバンクの公式サイトから引用させて頂きました。

  • 当社の指定する料金プランに加入していること(メリハリ無制限・ミニフィットプラン+・スマホデビュー)
  • 個人契約であること
  • ソフトバンクプレミアム「エンタメ特典」に専用サイトからエントリーすること
  • 本特典の対象サービスへ加入すること
  • 本特典対象サービスの月額料金支払いをソフトバンクまとめて支払いに設定すること

引用:https://www.softbank.jp/mobile/service/softbank-premium/

10%OFFということは1ヶ月あたり175円引きとなり、1年で2,100円の割引となります。

メリット・デメリット

正直に言えば私はあまりおすすめできません。

割引金額は1年間で見れば12ヶ月プリペイドカードや年間視聴パスに劣りますし、短期間で済むと言ってもハピタスがあれば十分です。

しかもソフトバンクユーザーで、しかも特定の料金プランを利用していないと使えないので、かなり使える人が限られています。

既にソフトバンクの特定料金プランを利用している人なら使ってもいいかもしれませんが、それ以外の方がわざわざソフトバンクに乗り換えて使う必要はないかなと感じました。

まとめ

DAZNを安く見る方法について解説しましたがいかがでしたでしょうか。

私はとにかく安くDAZNが見たいし、面倒なことは嫌いなのでプリペイドカードで契約しました。

もちろん、Jチームのサポーターだから年間パスで契約するというのもアリだと思います。

サッカーをより楽しみたい方は必ずDAZNを契約しておきましょう!

⇒DAZN公式サイトはこちら